映画「ギャラクシー街道」に出てくる歯医者

今日の映画の中の歯の話は、三谷幸喜監督脚本の2015年の映画「ギャラクシー街道」です。三谷作品には何度か歯医者が出てきます。

12人の優しい日本人http://fujitasika.jp/weblog/2006/03/121991116.html

古畑任三郎http://fujitasika.jp/weblog/2012/05/post-648.html

今回は宇宙人がいっぱい出てくる話なんですが、何故かここにも歯医者が・・。歯医者役は石丸幹二さん。客引きの山本耕史の口車に乗せられてコールガールと逢瀬を重ねる・・はずでしたが、宇宙人と人間の違いから、なにもできずに大金を巻き上げられてしまいます。そこでお役御免かと思いきや、ラストで妊娠した遠藤憲一(なんかおかしな事書いていますが、合ってるんです、詳しくは本編でご確認ください)の出産?排卵?を助けるために「私は医者だ」と颯爽と現れます。が、肝心の時になると「医者と言っても歯医者だ」と役に立ちません。小ギャグの一部なのであまり関係ないのですが、一応書いておきました(笑)

hqdefault.jpg

2016年9月19日(月)14:52コメント (0) |

映画の歯医者「愛と平成の色男」

1989年に故森田芳光監督で石田純一主演の映画「愛と平成の色男」ってのがありました。DVD化されてないようなのですがwowowで放送されてたのを見ました。主人公の石田純一は昼は開業歯科医師、夜はトランペット奏者の色男で、ディスコ!やバーで出会った女性を歯科医院に呼んで逢瀬を重ねていきます。関係がこじれたら妹の鈴木保奈美が別れさせるんですが、これが体当たりのギャグで笑えて決して泥沼化することなく爽やかに進んでいきます。女性陣は財前直見、武田久美子、鈴木京香と今でも活躍中の女優さんばかり。バブル時代の古き良き内容の無い?映画です。

主人公の歯科医院はユニット2~3台で歯科医師が一人で回ってるんですが、2台に二股かけてる両方の女性が治療に来たからさあ大変。財前直見は印象トレーを咥えたまま、武田久美子のところに怒鳴り込みます。止めに入る鈴木保奈美がカメラ目線でツッコミ入れて終わりっていう弛いオチなんですが、治療台の上で口説き文句を囁くなんて言ってみたいような言ってみたくないような??

ラストは結婚を迫る女性たちから逃げるように海外留学することにして歯科医院もたたんでヘリコプターで旅立っていきます。あくまでも爽やかに。「技術があればどこでも食っていけるさ」なんて言いながら。その後の石田純一のキャラはこの映画から来てるような感じです。アッパラパーで仕事に囚われ過ぎずにストレス社会の現代人には参考にいいかも??

ちなみに夜は楽器をする歯科医師の先生を何人か知っていますが、こんなにモテてるかどうかまでは存じません。

85VQITKN51HH0003.jpg

2016年9月 7日(水) 8:55コメント (0) |

船越歯周病研究所ベーシックコース修了

Dscn1266.jpg

2016年2月より受講していた船越歯周病研究所のベーシックコースを修了しました。

基礎からもう一度復習できて、受けた甲斐がありました。引き続き10月からのマスターコースも受講しようと思います。

2016年8月 1日(月) 8:05コメント (0) |

直方山笠

Dsc_0096.jpg

祭りの季節です。毎年恒例の山笠がもうすぐ始まります。今年は各流れに旗が作られました。当院の名前も協賛金払って入れてもらいました。

思ってたよりも何本も飾られていてお得でした!

2016年7月27日(水)16:28コメント (0) |

年報17号できました!

nenpou17.jpeg

今年の藤田歯科医院年報、第17号が完成しました。待合室に置いていますのでご自由にお持ちください

2016年6月20日(月)14:11コメント (0) |