小児歯科・神経の処置について

小児のむし歯の治療で、むし歯が大きく神経まで達している場合は、いわゆる「神経を取る」治療になります。

なぜ神経を取らないといけないの?
当院ではなるべく削らない治療、神経をとらない治療を心がけています。
しかし、乳歯では、歯の内部に占める神経の管(歯髄)が大きく、むし歯が神経まで達しやすくなっています。神経を残すことによって、あとで痛みが出たり、腐ってしまったりすることがあります。

治療は嫌がりませんか?
基本的に麻酔をして痛くないようにして行います。歯を削る量が多くなりますし、治療時間も長くなりますので、嫌がるお子さんが多いのも本当です。しかし、回数を分けて行うよりも一度で行った方が治療期間中の感染を防ぐ意味で有効です。

永久歯への影響は?
 乳歯の神経を抜くこと 自体は永久歯に影響を与える事はありません。
また、乳歯の神経を抜くと、生理的な時期よりも早く歯根吸収をおこす傾向があります。そのため、永久歯の萌出も早くなる傾向になります。

銀歯をかぶせるのはなぜ?
 神経を取った後は、歯ぐきや詰めたところからバイ菌に感染することがあり、また歯が割れたりすることがあるので、全体を覆うように銀歯で被せなければなりません。乳歯の場合は型を取って作るのではなく、乳歯冠と呼ばれる既製品を使いますがこちらの方がキレイに入ります。
 
以上、大きなむし歯を作ってしまった場合の治療方法ですが、なるべく早めに小さなむし歯のときに発見し早期治療が望ましい、またむし歯を作る前の予防が大事なのは言うまでもありません。